トップイメージ




グアム旅行 持って行ってよかった物

食料
(いくらコンドミニアム宿泊でも現地のスーパーマーケットだけでは調達不可能な ものも沢山あります。私達は、ジッパー式のビニール袋に無洗米を3合入れたものを8個 持っていきました。)

(注!)帰国後に知ったことですが、アメリカに食料を持ち込むときは、必ず申告しなくてはいけません。特に、ビーフエキス等は規制されているので、持ち込み禁止です。 ビーフエキス等が入っているカップラーメンなどは見つかると没収される そうです。申告せずに持ち込みが発覚した場合、没収されるのはもちろん、罰金が課せられることもありますので、気をつけてください。私たちは 知らずに持ち込んで、たまたま発覚しなかっただけですので、これからグアムに行かれる方は、気をつけましょう。


いつも飲んでいる薬・体温計・熱さまシート
(出発日前日から長男が体調不良を訴えていたのですが、グアム初日の夜には熱が39度を超え、かなり不安な一夜を過ごしました。

次男と三男のいつも飲んでいる喘息の薬のほかに、環境が変わると体調を崩しやすい三男の ために、旅行前にいつもの小児科に行って、万が一現地で体調を崩した時の対処法を教えて もらい、薬も処方してもらいました。

このときの先生のアドバイスと、処方してもらった薬のおかげで、長男も2日目の夜には、 熱も下がり旅行を充分楽しむことができました。)

魚肉ソーセージ
(イパオビーチでのシュノーケリングのときに、この魚肉ソーセージ のおかげで、ずいぶんと魚たちが寄ってきてくれて目を楽しませてくれました。

旅行前に誰かのブログで読んで、絶対に持っていこうと決めていました。ただ、5本入りの 魚肉ソーセージは、1日ですべて無くなってしまいました。

ちなみにイパオビーチのそばの、PIC向かいのABCストアでは、魚肉ソーセージ1本 $3.99という、信じられないぼったくり価格でした。

シュノーケリングの予定がある人はぜひ日本から5本で298円の魚肉ソーセージを持参しましょう。
魚肉ソーセージじゃなくても、パンやおにぎりでもOKですよ。)

割り箸
(去年のハワイ旅行で学習しました。コンドミニアムには、ナイフ・スプーン・ フォークしかありません。
カップラーメンをフォークで食べるはめになります。
ただ、現地のABCストアなどでカップラーメンを買うと、割り高ではありますが、 お箸をつけてくれるところが多いみたいです。)

サランラップ
(これも去年のハワイで学習しました。コンドミニアムにサランラップは ありませんでした。
残り物にラップをかけるとか、ビーチに行くためのおにぎりを作るとかの一般的な使い方はもちろん、こだわりのマイ石鹸を持参した私は、使いかけの石鹸を 持ち帰るときにも、ラップで包めて便利でした。

サロンと呼ばれる大きな布
(去年ハワイのABCで買って、大活躍だったサロンと呼ばれるハワイアン柄の大きな布です。
水着の上から体に巻きつければ、即席のサンドレスになるし、腰に巻けば、パレオ代わりにも、スカート代わりにもなるし、子供がその辺で着替えるときの 目隠しにもなるし、日差しの強いグアムでは、日よけにもなるし、タオル代わりにも使えるし、シュノーケルやゴーグルなんかの小物をざっとまとめて風呂敷代わりにも なるし、薄くてかさばらないので、持ち運びも便利だし、肌さわりもよいし、薄いので広げておけばすぐに乾くし、ABCストアで8ドルくらいととってもお手ごろだし、日本に持って帰ってきたあとでも、棚の目隠しとかにも使えるし、とにかく私のお気に入りです。 ABCストアによったら、絶対にお気に入りの柄を2〜3枚ゲットしてください!)

グアム持ち物

文庫本
飛行機での旅行は、何かと待ち時間が沢山あります。
フライトを待つ時間や、機内での 時間、プールで子供たちを遊ばせている間に読んだり、ビーチでパパと交代で 荷物番をするとき、などなど、何かと「空白の時間」がやってきます。
しかも、グアムのように、台風大国では、天気によっては、空港で何時間も足止めをくらった なんて話もよく聞きます。
今回の旅行では、1日目、2日目と長男の体調が優れず、私と長男は部屋でお留守番を することが多かったですし、 昼間遊び疲れた子供たちは、夜早々に眠ってしまい、パパは夜子供たちが眠ったあと、 ロビーにおりて(ネット接続ができるのはロビーだけだった)仕事をしてたので、 その間の暇つぶしにいい読書タイムになりました。
文庫本に限りませんが、暇つぶしグッズはぜひとも持参しましょう。
トランプやウノはスーツケースじゃなくて、手荷物に!

ラッシュガード ラッシュガードの着用は特におススメします。

・強い日差しによる、肌のダメージや日焼けによる疲れを軽減します。  
(グアムの日差しは短時間でもかなりのダメージがあります)

・海やプールから上がったときに、サラッとして、すぐに乾きます。

・ケガを防止する効果がある(岩場や珊瑚での擦り傷防止)

・包帯のような役目? (体にちょっとしたキズがあっても、しっかり保護されることで守られる)

・防寒効果がある。
 (いくら南国とはいえ、長い時間水に浸かっていると、さすがに体が冷えます。   暑かったり、寒かったりと、体温差が大きいと、疲れも倍増します。)

・UV効果がある。
近年の紫外線は私たちが子供のときとは、比べ物になりませんから。

・水に入っても、ボテボテしない。

・ホテルのプールには、「Tシャツを着たままプールに入らないでください」と書かれています。 それでも、Tシャツを着たまま入っている方も何人かいるのですが、やっぱり気持ちよく過ごしたいなら、ルールは守りましょう。

・ちょっとかっこいい

・水着よりも浮力があるので子供たちは、泳げた気分になれる。

・日焼け止めをいちいち塗る手間が省ける

・環境保護にもいい。(日焼け止めクリームが海にとけると、海が汚れます)


↑クリックで商品詳細

グアム旅行 持って行けばよかった物

これ全部で23.29ドル

・おやつ(現地では、日本でおなじみのおやつのほとんどが高かったです。
去年ハワイに行ったときには、ウォルマートでハイチュウやメントスなんかがまとめ うりで半額くらいだったので、おやつは現地調達と思っていたのですが、グアムでは おやつのほとんどが日本で買うのよりもかなり割り高でした。

ビールのつまみにしたいさきいかや、イカくんなども平気で5ドルくらいします。
アメやクッキーも日本の100円ショップで売られてるようなものほとんどが3ドルくらい します。
アメリカの安いお菓子はどれも甘すぎたり、刺激が強すぎたり。
舌がすぐに毒々しい 色になるようなものばっかり。

割れないポテトチップス(プリングルスとかチップスターとか)やチョコパイ、アメ、クッキー、いかくん、かきの種系のいつものおやつは、持参するべき でした。

ビーフジャーキーやマカダミアナッツなんかは、もちろん現地調達のほうがベターですけど。

おやつも持ち込み可能なものかどうか、事前にチェックしてくださいね。


このページの先頭へ



カスタム検索

出発まで

出発当日

グアム基本情報

コンドミニアムピアマリン

マイクロネシアモール

ショッピング

グアムでダイビング

マーケット

イパオビーチ

グアムでの食事

PIC

グアム国際空港

リンク集




サイトMENU

Copyright (C) 2008子連れでグアム!!by tomo ishii , All Rights Reserved.